キャッシングしてしまう癖を直したい

借り癖ができていると本当に厄介です。


ギャンブル依存症や買い物依存症もそうですが、少しのことでお金を借りたがるのも治すのには時間がかかります。


家族にお金を借りる人が多いのですが、たまに問題になるのは義実家と呼ばれる人にも借りることです。


友達に借りるのも後々問題になりますが、兄のお嫁さんに借りたり借りようとしたりする人も少ないと聞きました。


借り癖が怖いのはお金だけではすまないという事です。


物や食べ物、ちょっとちょうだい?ちょっと貸して?で返さないまま・・・という方は一種の借り癖です。


こういう方がキャッシングなどに手を出してしまうと、どうしようもなくなるパターンになります。


実は私の知り合いにも借り癖のある方がいましたが、途中からキャッシングに手を出してしまい、今は返済にあっぷあっぷしてしまっています。


借り癖がある方とはあまりかかわらないのが良いのですが、身内にいると厄介ですよね。


血縁であれば余計に関わらないというのが難しくなると思います。


分割はキャッシングの一つです。


キャッシングと聞くと何だか良いイメージがありませんが、分割払いという言葉を聞くとクレジットカードなどのイメージもあり普通に支払い方法を変えているだけのイメージがあります。


ただ、冷静に考えてみればクレジット会社にキャッシングしているようなものなので、借入となんら違いはないのです。


分割払いを嫌う人間もいますし、3回以上分割にすれば手数料もとられます。


それこそキャッシングと変わらないのです。


この分割の手数料というのが利子と変わらないので、キャッシングにある利子というのは手数料だと考えておけば良いのでないでしょうか。


キャッシングは借金だという人もいますが、他の方法も借り入れていれば借金とは変わらないのです。


何処で借りるかどのような方法で借りるかが違い、言い方を変えているだけで全てキャッシングなのだと私は思っています。


キャッシング即日


だからこそ私の旦那はクレジットカードも嫌いなのですが、今の人は上手に利用していますし、嫌なイメージはもうないかもしれません。